【オンライン半々講座】スマホ撮影トレーニング〜基本と実践〜
5ed9bc125157620ddcaa4ac3

【オンライン半々講座】スマホ撮影トレーニング〜基本と実践〜

  • 開催日

    指定なし

  • 開始時間

    指定なし

¥2,000 税込

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料2%がかかります
主にストリートアカデミーで集客しているスマホ講座をオンライン対応にしました。 元々のコンセプトとして吉祥寺の街を歩きながら、というのがあって講座と講評セットだったのですが、このご時世なのでまだまだ外を集団でフラフラするわけにもいかず。ということで、zoomを使ったイベントにしています。 撮影自体はご自宅かちょっと買い物行くついで、くらいの距離感で各自おこなっていただく、そんな感じにしています。 オンラインだとタイムラグがいろいろありそうなので、従来のリアル開催よりは時間を長めに想定しています。 参加費はこれまでの講座(初回3,000円)よりも場所代かからないためちょっとお得です・・・時間も倍以上ですし。 詳しい進行や詳細は基本概要文面の後に(講義内容はこれまで通りです) *開催概要* 。。。 「もう一眼レフカメラとかいらなくない?」 正直に告白すると、仕事として写真を撮っている自分ですら思ってしまう時があります。 特にiPhone8とかXなど、高い性能を持っている(金額もよくよく考えてみると高い!)そんなスマホですと、びっくりするくらい良い写真を撮れます。 Huawei社製の上位機など、超高級ブランド「ライカ」が監修しています。 (最近、いろいろあるみたいですが……Leicaは偽りなくLeica、ということで) でも、 かと言って完全に一眼レフカメラやミラーレスカメラなどと置き換わっていくかというと……やっぱりそうでもないとも思っています。 スマートフォンのカメラが苦手な条件、ということも実際あるわけです。 一眼レフなどはレンズ選択やマニュアル撮影*などでいろんな条件に対応できる、ということになるのですが…… 逆にいうと、「スマホが得意とする条件とはなにか」「苦手を知ってそれを補うためにはどうしたら良いか」などを知ることでカバーできるという逆説的な話にもなります。 そしたらやはりスマホはもはや最強なのか? ……そうとも言えるかもしれません。 この講座ではそんなスマートフォンに搭載されている「標準のカメラアプリ」を使って撮るところからスマホ写真のことを考えていきたいと思っています! <テーマ項目例> 【スマホが「得意なこと」「苦手なこと」とは】 【けっきょくは構図や光の方向ひとつで世界は変る】 【まずは標準のカメラでキチンと撮る】 アプリの話は時間の許す限り紹介したいと思います。 でも最近はギャラリー(アルバム?)開いて「編集」の能力が標準のまま充実しているスマホが多いのでアプリはあまり必要ないかもしれません。 ショートカットするためにULIKEやSoda(Snow)やFoodieを利用されるのももちろん良いと思いますが、この講座ではあくまで標準の中でできることをする、というのが意図にあります。 なお、専門的に細かい調整をするとしたらSnapseed、LightroomやPhotoshopもありますが、このへんは別講座などを作れたらと思います。 * 【参加申し込みについて】 こちら決済の上、直接ご連絡させてください。 参加費は2000円/一箇所です。 ※同じパソコンなどでその場で受けられる場合は複数人でも受講可能です。 《参加特典》 *【別日にオンライン講評日を用意します(参加日は任意)】 普段は参加者みなさまと屋外に出てその場で質疑応答しながら撮影実習としていますが、オンラインなのでその場でなにか撮って送ってみたいな形はちょっとむずかしいと思うので、始めから日にちを切り分けたいと思います。 後半の講評部分もオンラインで実施するので、逆に参加日は任意で良いかなとも思っています。 *【過去参加者はその後の開催回の講評回の聴講参加可能】 オンラインにより人数はだいぶ入れる状態なので、参加後の聴講枠を開放します。基本的には聞いているだけ、みたいな公開収録状態ですが、人の写真とその解釈がいろいろ見れるのと、チャットなどで本多の以外の感想などが聞けたらにぎやかになって良いかなと思い、ちょっと思いついてその対応もオンラインならではということで実施します。 *【リピート割引の参加チケットはこれまで通り発行します】 事態が収拾したら、改めて撮影実践部分のみの参加歓迎です。通常の講座を3000円としていてリピート枠は50%に設定しているので、それに準じる形にします。